書家・桜鱗 オフィシャルサイト

Profile

笠間千弘

感情は、心に咲く花火。
余計なものを介在させない白と黒の世界は潔く、限りなく私を魅了する。
どこまで表現できるか。
打ち上げ花火のように情熱的に。
線香花火のように繊細に。
探求の旅路は、私の生涯かけての一大エンターテイメントです。


桜鱗(おうりん)

石川県出身。
幼少期から字を書くのが好きで、母の勧めで書道に出会う。
25歳から六本木の高級寿司店の女将を勤めていたが、大将の仕事を傍らで見るうち、「自らも表現者でありたい」という強い衝動に突き動かされるようになり、再び書の道を志す。
書家に転身後すぐに、銀座のギャラリー「にはたづみ」にて開催した初の個展『白黒花火』は成功を収め、その後も音楽アーティストとのコラボパフォーマンス、CDジャケットの題字や商品ロゴを手掛けるなど、東京を中心にその活動は多岐に渡る。
個展のタイトルでもある『白黒花火』を自らの創作理念に掲げ、その後も数多くの作品を生み出し続けている。
言葉そのものの持つ意味を、線の趣きや字の結体、余白によって表現する表現力は、異ジャンルのアーティストからも「彼女の書には宇宙がある」と高く評価されている。
また、自身の書道ワークショップ『書遊戯』は、書の概念にとらわれない、全く新しい形のワークショップとして多方面からの好評を得ており、その開催実績はvol.25を越える(平成31年4月現在)。

◎活動歴◎

個展【白黒花火】(銀座ギャラリー「にはたづみ」)
NY【OuchiGallery】《世界に一つしかないポストカード展》 入選
ゴーゴーコンビ アルバム【獣達の世界】(題字担当)
銀座ギャラリー【spaceにはたづみ】(看板制作)
Bob康之 アルバム【DayByDay】(題字担当)
第二回 個展 【白黒花火〜静かに育まれゆくもの〜】(銀座ギャラリー「にはたづみ」)
書と音のコラボイベント【Resonance】vol.1〜vol.6 出演(書道パフォーマンス)
インターネット番組 【WACAZO!】(タイトル揮毫 )
《鎌倉》《安東》文化交流展(タイトル揮毫・作品提供 )
co-co-de-sica TV 【SoundStates】出演(書道パフォーマンス)《共演:HIDE-HIDE(三味線、尺八のユニット)、大川磋賀(生け花・草月流師範) 
書と音楽のコラボイベント【書音会】vol.1〜vol.8 出演 (ワークショップ&書道パフォーマンス)
ToshiakiKimuraBand アルバム【バカヤロー】 (題字・曲タイトル担当)
朝日酒造 【朝日山】【天籟】他 (ラベル揮毫)
石川県神道青年会・書道講習会講師
他 多数